臨床人類学

慢性の病いをめぐる臨床人類学



臨床人類学


本書は、慢性の病いをかかえた患者やその家族が肉声で語る物語を中心に構成されている。

今日の生物医学によって軽視されがちなこうした病いの経験、語りこそが、実は医療やケアの中心に据えられるものではないか。

著者は、病いとその語りを、微小民族誌などの臨床人類学的方法を駆使しながら、社会的プロセスとして描き出そうとする。

そして、病み患うことが今日どのような変容をとげつつあり、来るべき時代の医療やケアはいかにあるべきかを明らかにしようとする。

本書は、この分野に関心を寄せる広範な読者に向けて書かれている。

慢性の病いのケアに携わった著者の臨床知や臨床姿勢が横溢し、すでに高い評価を得ている著作の邦訳である。



病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学






単行本: 252ページ
出版社: 宝島社 (2009/9/17)
ISBN-10: 4796671730
ISBN-13: 978-4796671736
発売日: 2009/9/17
商品の寸法: 19 x 13.2 x 2 cm



病いの語り―慢性の病いをめぐる臨床人類学